将棋戦法 シリ金 : 将棋初心者ミッドの挑戦~30歳を境に、将棋に目覚めた男の軌跡~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋戦法 シリ金

こんばんは、将棋初心者のミッドです。

本日のテーマは将棋戦法、シリ金です。 敵軍の駒の真後ろに金を指すことを
シリ金といいます。
シリ金は相手を詰ませたいときに度々使われる手です。 単独ではなく、
飛車のような強力な駒と連携することで威力が倍増します。下の例をご覧ください。


121031.jpg

先手→1一金打のシリ金で王手をかけました(^-^)このあとの展開としては・・・
後手→同飛、先手→同竜、後手→同王、先手→3一飛打、後手→1二王、先手→2一飛で詰みです。

このように利用度の高い実践的な手筋だと思います。覚えておくと得をするはずです(^◇^)

今回も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。それでは失礼致しますm(__)m

この記事へのコメント

- yu-ka - 2012年10月31日 21:08:14

どんどん難しい説明になっていますね~
ついていけなくなりそうですよww

yu-kaさん - ミッド - 2012年10月31日 22:02:42

いつもコメントありがとうございます(^O^)/

詰め将棋風だから複雑に見えますかね(>_<)

要は、敵駒のお尻に金を指すってことですね(^.^)

トラックバック

URL :

管理人プロフィール

ミッド

Author:ミッド
当ブログにお越しいただきまして
誠にありがとうございます。
当サイトは、将棋の初心者である
ミッド(30歳で無職)が上級者を
目指すことを目的としており、その
成長の軌跡を記すことを目的と
しています。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。