将棋戦法、焦点の歩。 : 将棋初心者ミッドの挑戦~30歳を境に、将棋に目覚めた男の軌跡~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋戦法、焦点の歩。

こんばんは、ミッドです。

今回のテーマは将棋戦法、焦点の歩です。

なにやら深い意味が込められているような名前のように感じます。この戦術とは?
二つ以上の駒の利き筋に打つことを「焦点の歩」といいます。
これにより、 相手の力を半減させることができます。下をご覧ください。


syoutennnofu.jpg

こちらが先手、持ち駒は歩が一枚です。後手→8四角で王手されました。
そこで、先手→6六歩で王を守りました。この6六歩が焦点の歩です。
角の王手を防ぐことができましたし、後手→同飛で攻めて来ても・・・なんとか
王は生き延びることができますね。 敵陣で玉が嘲笑うようにこちらを見ています。
ハラワタが煮えくりかえるとはこのことでしょうか(笑)でもここは耐えましょう。

ご覧の通り焦点の歩は、相手の駒の総力を分断することができます。
今回は窮地に追い込まれた状況をなんとか打破する場面でしたが、こちらの形勢が
有利 な場面にもこのようなことはあると思います。是非活用してみてください(^-^)

8回に渡って歩の活用法をお話させて頂きました。いかがでしたか?
説明下手で分かりにくいところも多々あったと思いますが、これらの戦略を覚えておけば
棋力アップを期待できると思います。

次回からは香車の活用法についてお話します。

この記事へのコメント

- yu-ka - 2012年10月17日 21:32:26

どんどん説明がうまくなっていきますね~
専門書だせるのでは?
もっぱらチェスしか最近してません

yu-kaさん - ミッド - 2012年10月17日 22:49:03

コメント&お誉めの言葉を頂きましてありがとうございます。

私はチェスは一回もやったことがありません。というか、ルールも
知りません。近々やってみたいです(^-^)

トラックバック

URL :

管理人プロフィール

ミッド

Author:ミッド
当ブログにお越しいただきまして
誠にありがとうございます。
当サイトは、将棋の初心者である
ミッド(30歳で無職)が上級者を
目指すことを目的としており、その
成長の軌跡を記すことを目的と
しています。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。