将棋戦法、合わせの歩! : 将棋初心者ミッドの挑戦~30歳を境に、将棋に目覚めた男の軌跡~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋戦法、合わせの歩!

こんばんは、ミッドです。

今回のテーマは将棋戦法、合わせの歩です。

持ち駒である歩を相手の歩に衝突させる、それによって自駒のサバキをはかる戦法を合わせの歩といいます。
先日ご紹介した「突き捨ての歩」と 似ていると思いますが、持ち駒を捨てるところが合わせの歩の特徴と言えます。
それでは下をご覧くださいませ。


awasenofu1.jpg

こちらが先手です。相手が3四歩と打ってきました。銀を取りにきたところです。ここで銀を逃がすだけでは
芸がありません(^.^)いよいよ合わせの歩の出番となります。


awasenofu2.jpg

銀の攻めに対して、こちらは2四歩打で応戦しました。「あれ?銀を相手にプレゼントしちゃうの?それって
ワイルドスギちゃんだぜ~?」と一瞬 思われるかもしれませんが、実はこれは絶妙な手筋となっております・・・。
後手→3五歩で来れば、先手→2三歩成り。もし、後手→2四歩で来れば、先手→同銀、といきましょう。

今回の例で言えば、合わせの歩は銀をとられるリスクがあります。そうなると非常に痛いのは確かですが、こちらは
歩が成ることによって「金」をゲットしたことと 同じです。更に言うなら、そのまま敵陣に切り込んで行けますし、後方には飛車が睨みをきかせていますので相手はうかつに動けません。 絶妙な一手と言えるかもしれませんね(^-^)


今回も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

この記事へのコメント

- 翡翠(´・ω・`) - 2012年10月15日 22:55:59

なるほろ…

次の次か…(。・ω・。)
そこまで考えて打ってなかったwww

勉強になりやす!

- 巴 - 2012年10月15日 22:56:36

こんにちは(^_^)

便利な戦法ですね。
今思うと、相手がよく使っていた気がします
(実践向きなんでしょうか)

明日あたり
自分も使ってみようと思います。
問題は そこまでいけるかですねf(^_^;

翡翠(´・ω・`)さん - ミッド - 2012年10月15日 23:03:56

コメントありがとうございます。

次の次を読んで、相手をコントロールできるようになったら・・・

更に将棋が楽しくなりそうですよね(^-^)

巴さん - ミッド - 2012年10月15日 23:05:08

コメントありがとうございます。

是非使ってみてください。その場面になったらバシッ!と

決めて頂きたいです(^-^)

- まーぼー - 2012年10月16日 07:04:12

自分はよくこの手筋でコンピューターにやられます(泣)

でもこうやって勉強しておけば意識しておくことができますね

これからは逆にコンピュータに食らわせてやりたいです(笑)

まーぼーさん - ミッド - 2012年10月16日 21:12:20

こんばんは。

そうなんです!私もこの手筋をくらいまくりました(-_-;)

今度はいつものお返しをしてやってください。決まれば痛快だと思います。

トラックバック

URL :

管理人プロフィール

ミッド

Author:ミッド
当ブログにお越しいただきまして
誠にありがとうございます。
当サイトは、将棋の初心者である
ミッド(30歳で無職)が上級者を
目指すことを目的としており、その
成長の軌跡を記すことを目的と
しています。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。