将棋戦法、垂れ歩! : 将棋初心者ミッドの挑戦~30歳を境に、将棋に目覚めた男の軌跡~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋戦法、垂れ歩!

こんばんは、ミッドです。

今回のテーマは将棋戦法、垂れ歩です。

なんと絞まりのない名前だことでしょうか。ぱっと見は冴えないように見えても、実はものすごい狙いを秘めた
手筋・・・それが「垂れ歩」です。私はこの手をまだ一回しか指したことがありません。 この手を狙ってバンバン
指せるようになれば上級者と呼ばれるようになるんでしょうか?早くそうなりたいですね(^◇^)それでは
垂れ歩を詳しく ご紹介致します。


1210123333.jpg

こちらが先手、持ち駒は銀と歩が一枚、敵軍は無しです。。。さて、敵軍の守りが堅いですね。どうやって斬り崩しま
しょう((+_+))せっかく持ち駒が あるんですから、これを活用していくことにします。
先手→1四歩。後手→同歩。先手→1三歩打・・・としましょう。最後の<1三歩>が垂れ歩です。
次の手で後手→同桂or角なら、自軍は1四香ですし、 同香で攻めてきた場合は1二銀。こちらの思い通り、完全に
相手を支配している展開となりました。

このように、垂れ歩は分かりにくいです。かなり先まで読めなければ「なに考えてるの?」で終わりです。
しかし 決まれば歩の真骨頂ともいえる攻めとなります。 情けない名前ですが、この「垂れ歩」を極めて
戦略王を目指しましょう!


今回も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました(^O^)/

この記事へのコメント

- 翡翠(´・ω・`) - 2012年10月13日 01:51:39

う~難しい…w

持ち駒で上手く戦況を打破する方法なのかな…(。・ω・。)

- ミッド - 2012年10月13日 02:09:31

翡翠(´・ω・`)さん
貴重なご意見ありがとうございます。

確かに、他に上手いやりかたは沢山あると思います。

この説明が現時点の私の実力です。。。ご勘弁下さいm(__)m

トラックバック

URL :

管理人プロフィール

ミッド

Author:ミッド
当ブログにお越しいただきまして
誠にありがとうございます。
当サイトは、将棋の初心者である
ミッド(30歳で無職)が上級者を
目指すことを目的としており、その
成長の軌跡を記すことを目的と
しています。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。