将棋戦法、継ぎ歩 : 将棋初心者ミッドの挑戦~30歳を境に、将棋に目覚めた男の軌跡~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋戦法、継ぎ歩

こんばんは、ミッドです。もうすっかり秋ですね。。。

今回のテーマは将棋戦法、継ぎ歩です。
同じ筋の敵歩に見方の歩を続け様に合わせて打つことを継ぎ歩といいます。一局のなかでも何度かあらわれると
思いますので、 覚えておくと有利ではないでしょうか(^-^)それでは下をご覧ください。


121011.jpg

こちらが先手です。持ち駒は共に歩一枚です。敵軍が4五銀と出てきました。こちらは間髪入れずに継ぎ歩で
いきましょう!これ以降の展開としては・・・
先手→2四歩。後手→同歩。先手→2五歩打。。。となったとしましょう。ここでいう継ぎ歩は<2五歩打>のことです。敵軍が同歩で来たら、同飛で 「王手!銀取り!ああああああ!!!」という興奮する局面となりました。 このような
継ぎ歩を用いる場合は、相手が他の駒と隣接してない場合に効果的です。
今回は継ぎ歩の後方に飛車が睨みを利かせていたので成り立ちました。 そうでなければ敵軍にみすみす歩を
プレゼントして終わりです。つまり、他の駒と連携させることがポイントですね。 継ぎ歩の場面になってつくづく思うのは、大駒って偉大だな!ということ。この機動力には頭が下がります。いつもありがとうございます。m(__)m


今回も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました(^-^) それでは失礼致します。

この記事へのコメント

- yu-ka - 2012年10月11日 19:21:06

興奮の仕方に思わず吹きました(笑)
しっかしほんとやり方忘れちゃいました…
名前と技法すら一致しません←

yu-kaさん - ミッド - 2012年10月11日 20:35:29

コメントありがとうございます!

やらない期間が長いと忘れてしまいますよねー(-_-;)

- まーぼー - 2012年10月11日 23:57:25

歩の使い方はとても重要な事だと思います。

あの羽生さんも歩の使い方がとても上手いという話しを良く聞きます。

自分もミッドさんのブログ見て歩の使い方を学んで少しでも上手くなりたいです(笑)

- ひろりん - 2012年10月12日 16:13:58

内容のわかりやすい良いブログですね。
自分のブログのごちゃつきぐあいが気になりました(笑)

将棋は小学生の時に爆発的にヒットして、休み時間に友だちとよくしました。
はるーか、昔のことですが楽しい思い出です。




まーぼーさん - ミッド - 2012年10月12日 18:44:40

コメントありがとうございます。

羽生さんは歩の使い方が得意なんですね。彼が強い棋士であることは
十数年前から知っていましたが、そのことは知りませんでした。
私も勉強して、歩の使い方を覚えていきたいです。

ひろりんさん - ミッド - 2012年10月12日 18:46:39

コメントありがとうございます。

ひろりんさんのようなブログ上級者にお誉めの言葉を頂けて嬉しいです(^-^)

機会があったら将棋をもう一度始めてはいかかでしょう?

トラックバック

URL :

管理人プロフィール

ミッド

Author:ミッド
当ブログにお越しいただきまして
誠にありがとうございます。
当サイトは、将棋の初心者である
ミッド(30歳で無職)が上級者を
目指すことを目的としており、その
成長の軌跡を記すことを目的と
しています。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。