将棋戦法編「歩の動かし方」 : 将棋初心者ミッドの挑戦~30歳を境に、将棋に目覚めた男の軌跡~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋戦法編「歩の動かし方」

こんばんは、ミッドです。

今回のテーマは将棋戦法「歩の動かし方」です。まずは手始めに↓をご覧ください。




120923-3.gif




たいていの場合、将棋の最初の手は歩を前進させることから始まると思います。歩を前に進める事を歩を突くといいます。一番多いパターンが7六歩でしょうか。この行動により角を動かすことができるようになりますね。
これに対して対戦相手は8四歩を突いていますね。このまま相手の歩が近づいてくると自軍の歩で応戦するわけですが、後方で飛車が睨みをきかせています。一気に突っ込んでくることでしょう。要警戒です。敵軍の飛車が成ると手が付けられない強さとなってしまいます。。。つづいてはこちらをご覧ください↓



120923-5.gif





敵軍の飛車の前に自軍の歩がいる状態です。このままでは自軍の歩が憎き飛車に奪われてしまうピンチ!が、しかし歩の後ろを自軍の銀がしっかりガードしています。ですから飛車は逃げるしかありません。歩兵一駒では飛車に太刀打ちできませんが、このように力を合わせれば打ち勝つことも可能です。敵軍の飛車をこのように張り付けにできると有利に対局をすすめることができますね(^-^)

以上、歩の動かし方でした。今回も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

管理人プロフィール

ミッド

Author:ミッド
当ブログにお越しいただきまして
誠にありがとうございます。
当サイトは、将棋の初心者である
ミッド(30歳で無職)が上級者を
目指すことを目的としており、その
成長の軌跡を記すことを目的と
しています。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。