決まりがあります、駒の取り方 : 将棋初心者ミッドの挑戦~30歳を境に、将棋に目覚めた男の軌跡~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決まりがあります、駒の取り方

こんばんは、ミッドです。

記念すべき20回目を迎えることができました。ありがとうございます!今回のテーマは駒の取り方です。

将棋を現実世界に例えるならば「戦争」です。駒は兵士にあたります。自軍の兵士の長所を生かし
軍師であるあなたが的確な指示を与え続ければ勝つことができます。
逆に自軍の兵士が思うように動けなかったり、相手に取られるようなことがあると勝つのが難しく
なります。
特に敵軍に兵士を取られるとダメージが非常に大きいです。取られた兵士はいとも簡単に敵に寝返
ってしまいます。逆に敵の駒を取ると圧倒的に有利に戦局を進めることができます!攻撃の要で
ある飛車を奪うか、奪われるかで状況は一転することでしょう。将棋の肝の部分かもしれません。

ところで、駒を取るといっても好き勝手に取ることはできません。駒が取れるのは自軍の駒の進む前に
敵軍の駒がある場合のみです。また、どんな場合でも一度に取れる駒は一つのみ。飛車や角で複数
敵軍の駒を取れる状況にあったとしても、取れるのは一つだけです。

個人的な意見ですが、桂馬で二駒とれる状況にして、相手がどちらかを捨てなければならない場面に
追い込むと快感です(笑)


120917-2.gif


↑このような状態です。金か銀を取ることができます。そのあとやられてはしまいますが、それでも
気分は最高にいいです(^◇^)




今回も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。それでは失礼いたします。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

管理人プロフィール

ミッド

Author:ミッド
当ブログにお越しいただきまして
誠にありがとうございます。
当サイトは、将棋の初心者である
ミッド(30歳で無職)が上級者を
目指すことを目的としており、その
成長の軌跡を記すことを目的と
しています。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。