クラスチェンジで成りあがれ! : 将棋初心者ミッドの挑戦~30歳を境に、将棋に目覚めた男の軌跡~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラスチェンジで成りあがれ!

こんばんは、ミッドです。

今回のテーマは成りです。

将棋の特徴的なルールの一つとして「王と金以外は特定の条件を満たすと変身」します。この状態を「成り」といいます。
こまの裏側を見ると、歩はと、香車は成香、桂馬は成桂、銀は成銀、角は馬、飛車は竜、と書かれてあります。成ること
でどのような変化が起こるのか?歩、香車、桂馬、銀は金と同じ能力に、角と飛車は本来の能力に王の能力が備わります。
つまり、成ることで大幅な戦力アップになりますね。対局を有利に進めるためにはかかせないことです。

では「成り」の条件とはなんでしょうか?次の三つのケースがあります。

1、敵陣(三段目以上)に突入した場合。もともと四段目以下に駒があり、その駒が三段目以上に移動したとき。
2、敵陣(三段目以上)に自軍の駒を打ち、その駒が進んだとき。
3、敵陣(三段目以上)に打った自軍の駒が、自陣に引いたとき。



120915-2.jpg



なお、上記の条件を満たしたからといって絶対に成らなければならない訳ではありません。しかし、例えば現在歩兵が二段目に
あるとした場合成らずに前進すると行動できなくなります。この場合は必ず成らなければなりません。また、成らない方が有利
に展開できる場合もあるでしょう。時と場合によるということですね。

以上が成りのルールです。持ち駒の場合は別として、歩は成るまで時間がかかります。一歩ずつ一歩ずつ・・・こつこつ進撃して
ようやくとに変身する姿は、長年地道に努力を重ねて出世したサラリーマンをイメージしてしまうのは私だけでしょうか?(^-^)




今回も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

管理人プロフィール

ミッド

Author:ミッド
当ブログにお越しいただきまして
誠にありがとうございます。
当サイトは、将棋の初心者である
ミッド(30歳で無職)が上級者を
目指すことを目的としており、その
成長の軌跡を記すことを目的と
しています。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。